検査・手術のご案内 - 目黒区の動物病院、自由が丘動物医療センター

診察案内検査・手術 検査・手術 検査・手術

目黒区の動物病院、自由が丘動物医療センターでは検査(尿・糞・便・皮膚・血液・レントゲン・超音波の検査)、不妊手術(避妊・去勢・腹腔鏡手術)など予防から治療まで、幅広く対応し、 パートナー(愛犬・愛猫)の心と体を健康に導きます。

検査

尿検査

排尿が頻繁にある、血尿をしている、排尿困難がある、尿が薄い、尿が濃い、など、泌尿器に異常が疑われる場合、尿検査をおすすめします。

糞便検査

下痢をしている、血便がある、寄生虫(白い虫など)が見られた、など、うんちに異常が見られた場合、糞便検査をおすすめします。

皮膚検査

痒がっている、舐めている、皮膚が赤い、脱毛している、皮膚が剥がれている、などの皮膚の異常がある場合、皮膚検査をおすすめします。皮膚検査は、皮膚の表面をテープで取る、毛を少し抜毛する、などですが、痛みはありません。

血液検査

食欲がない、元気がない、吐いている、発熱がある、痩せてきた、下痢、内臓の病気が疑われる、など、一般状態の悪化が疑われる場合、血液検査をおすすめします。
また、異常がない場合でも、健康診断の目的で定期的に血液検査をすることもおすすめします。中高齢の犬猫猫の場合は、半年~1年に1回の血液検査がより良いと思います。院内の血液検査機械では測定が難しい、ホルモン検査、アレルギー検査など、については外の検査機関に依頼します。

レントゲン検査

レントゲン撮影によって、体のいろいろな部位の異常を見つけることができます。撮影されたレントゲンは、デジタル処理され、診察室のコンピューターに転送されます。

超音波検査

動物に苦痛を与えず、体の表面から内部の状態を観察することができます。肝臓、腎臓、膵臓、膀胱、消化器などの腹腔内臓器の構造を観察することができます。また、カラードプラーにより、心臓の動き、血流量などの測定が可能で、心臓病の診断に役立ちます。

※外の検査機関への検査費用についてはお問合わせ下さい。
※尿検査、糞便検査は、基本的にはオーナー様の持ち込みでお願いいたします。  
ご来院する日の糞尿をお持ちください。
※尿検査は場合によっては膀胱に針を刺して採尿する方法が必要なときもございます。  
糞便は、ご自宅にある容器、袋、等にいれて下さい。量は人差し指の先程度で十分です。

不妊手術

女の子の場合

生後6ヵ月程度になると(個体差はあります)、発情を迎えます。避妊手術はその頃から可能です。猫の場合は、一度発情を迎えると、短期間で発情を繰り返すことがあり、発情時の大きな鳴き声や、甘えた行動が頻繁に起こる傾向にあります。大きな鳴き声は人に迷惑をかけることがあったり、本人にとっても発情はストレスとなります。 また、子宮卵巣があることによって、産婦人科の病気のリスクが高まります。猫の場合、乳腺腫瘍を発症すると、80%は悪性の癌で、手術をしても間に合わないケースが多いです。 これらのことを予防するために当院では避妊手術をおすすめしています。

生後5~6ヵ月(個体差はあります)になると、初回発情を迎えます。避妊手術はその頃から可能です。犬の場合、発情の周期は半年に1回で、手術はその間の時期をおすすめしています。 また、初回発情の前に避妊手術をすると、乳腺腫瘍の予防効果は、初回発情前なら99%、1回発情後なら92%ですが、2回発情後は74%と急激に下がります。しかし、それ以降の年齢でも、早めの手術がより予防効果があるというデータもあります。また、避妊手術をしないと、将来的に子宮蓄膿症になる可能性もあります。 病気の予防をするために避妊手術をおすすめします。

男の子の場合

生後6~7ヵ月になると(個体差はあります)、尿スプレーの行動が見られることがあります。
部屋の壁やいたる所に尿をスプレーします。この行動は、定着すると去勢をしても治すことが困難になるため、尿スプレー行動が見られた際は早期の去勢をおすすめします。
オスの場合、去勢をすると、尿の臭いを軽減する効果もあります。

生後6~7ヵ月になると(個体差はあります)、足あげ排尿を始めます。それに伴い、マーキングも始まることがあります。これらの行動は、室内の壁や床を汚し、人との生活に支障をきたす場合があります。また、この行動は定着すると去勢をしても軽減はできても完全に治すことは困難になることがあります。これらの行動が見られた際は早期の去勢をおすすめします。
また、去勢をしないと将来的に精巣由来の病気にかかる可能性があります。前立腺肥大や前立腺膿瘍、前立腺癌、肛門周囲腺腫、肛門周囲腺癌、精巣腫瘍、会陰ヘルニアなど。
陰睾(潜在精巣)の場合(精巣が正常の位置に降りてきていない状態のこと)、精巣の腫瘍化の可能性がさらに高くなります。お腹の皮膚の下にある精巣も、腹腔内にある精巣も、摘出することをおすすめします。

診察時間

年中無休

  平日 土日祝
9:00~12:30
12:30~16:00 手術対応時間になります。
16:00~19:00

※12:30~16:00は急患の場合には、お電話にて確認ください。

診察案内

出勤表

アクセス

〒152-0023
東京都目黒区八雲3-24-9自由が丘キューブ1F

年中無休  9時~19時

ご予約・お問合わせはこちらから 03-5726-8440

080-9873-6662 ※当院に診察歴があり、急患に限ります。

アクセス

ご予約・お問合わせはこちらから

03-5726-8440